カテゴリー
のれんに関連した知識 のれんの選び方 生地や染めの種類

のれんの役割や使い方について

商店の店先にはのれんがかかっていることが多いです。上部には筒状の部分があり、そこに竹などを通して軒に引っかけて使用します。また風でめくれないように、下には石などの重しをひもや縄などで止めていることもあります。

店では開店と同時に吊り下げ、閉店になると店の中にしまうので店先にのれんがかかっているときは営業中ということです。営業中であることを知らせると同時に、日よけや目隠しの役目もあります。

のれんの様々な役割

毎日使うものなので色あせしないようなような紺や茶色などの濃い色を下地にして、屋号や商品名などを白く書いている場合が多いです。大きな商店で、従業員が独り立ちして同じような店を構える場合は「暖簾分け」という言葉も使われます。

商店でばかり使われるものではなく、一般の家庭でも部屋と部屋の間仕切りや目隠しなどに使われます。家庭の場合は家の中に吊り下げるので、石の重りを使う必要はありません。

それに四六時中かけておいても色あせや布の劣化の心配もあまりないので、レース生地などが使われている場合も良くあります。サイズやデザインも使う人の好みに合わせて購入したり、自分で作ったりして吊るしておくことができます。

kyonoren.comのれん製作メーカー京都のれん株式会社

京都のれん株式会社では、オリジナルなのれんを製作することができます。昔からの製法を生かし天然素材を使って手で染めていくので生成りや染めに微妙な味が出て、風合いを楽しみたい方にお勧めです。

注文後は2週間から1か月で完成し、発色が豊かに仕上がります。

京都のれん株式会社が提供する手引書を無償で配布しているので、製作を希望する方はまずカタログ冊子を取り寄せることが勧められます。手引書は特徴が異なるのでポリエステル素材と天然素材とに分けて作られていて、特に取扱期間は決めておらず配布するカタログが終了するまで取り扱っています。既製品のれんの通販https://kyotonoren.shop-pro.jp/

のれんのカタログを取り寄せる

2020年10月に新しくなったカタログでは、天然素材のほうでは帆布が加わり定番以外では好きな色が選択できるようになったり、ポリエステルのほうでは防炎エステルスラブが追加されるなどの変更があります。

注文の際、デザインをソフトで作成して京都のれん株式会社に送付すれば価格を下げて提供することが可能です。またそうすることで希望に合ったものが出来上がります。

ソフトを使っての作成にはいくつかのお願いもありますが、できるだけ低価格で作りたいという方や自分のオリジナルデザインで作りたいという方にお勧めの方法です。

カテゴリー
のれんに関連した知識 のれんの形が持つ意味とは

半暖簾の役割とは|短さは「入りやすさ」を演出!

「半暖簾」という言葉が登場して久しいですが、
様々な飲食店でこの半暖簾を使用するお店が増えてきました。

半暖簾というのは、通常ののれんのサイズの半分程度です。
一般的なのれんのサイズが平均して113cmなのに対して、
半暖簾はその半分の56cmほどしか無い短いサイズとなっています。

半のれんのサイズ

半暖簾を店の入口に掲げると、平均的な日本人男性の顔の部分に
当たるということから、暖簾をくぐるという言葉が生まれたと
いわれています。

通常、飲食店等の店をかまえる場合には、オリジナルの暖簾を制作します。

そのようなとき、通常よりも半分の長さの半暖簾を選ぶ店が増えました。
その理由として、通常サイズの暖簾では、お客さんが入店しても
中の様子をうかがうことができませんが、半暖簾であれば
来客があると店内の様子が見えるようになります。

それを見た人がその店に引き寄せられるように入店するため、
その入りやすさからオリジナルの半暖簾を製作を依頼する飲食店が
増えたことで、この短いタイプのものが普及するに至ったと
いわれているのです。

かつては日除け目的で長いものが使われていましたが、
現在では多くの飲食店で短いタイプを好んで使用するように
変化したのです。

半暖簾が活躍している場面

半暖簾が使用されている場面というのは、飲食店などに多いです。
また、和菓子屋や路面店など商品を通行人に対して見せることで
アピールし、集客につなげることが出来るというメリットから
通常の長さのものよりも短いタイプの半暖簾が、飲食店では
好まれて使用されています。

例を挙げると、ラーメン店や寿司屋や蕎麦屋、そしておだんご屋と
いったところで大いに活躍しているのがこの短いタイプの暖簾です。

なぜこのような半暖簾が選ばれているかと言えば、店内の様子を
通行人にチラ見せするためであるといわれています。

ちょっと敷居が高そうな店や新しい店、人が入っているのか
よくわからないような店の場合、どうしても入りにくさを
感じてしまいます。

そこに一人の客が現れて、入り口を開けることで、中の様子を
通行人が見ることが出来るようになるのです。

中の様子

そこで人がたくさん入っていたり、賑わっている様子が
チラリとみえるだけでも、その店に入ってみようかという
気にさせてくれるのです。

最近では、こうした理由から、飲食店ではオリジナルの半暖簾の
製作を依頼するケースが増えており、飲食店では通常サイズの
ものよりも、半分のサイズである半暖簾の需要が高まっているのです。