カテゴリー
ターポリン横断幕 生地や染めの種類

防炎横断幕について知っておくべきこととは?消防法8条によりターポリン生地のターポリン横断幕でも防炎加工は法律上の義務

燃えるリスクをターポリンでは権限することが重要

 

ターポリン生地というと、耐久性の高さなどから横断幕によく使われています。

しかし、それだけでなく、有事の際を想定しておくことも必要です。特に火災を想定していないと、いざというときに被害を大きくする要因になってしまいます。

そこでポイントになるのは防炎加工を十分に施しておくことです。横断幕はかなりの表面積を誇るため、燃え広がることでいたずらに被害が広まってしまいます。

もしターポリン生地が炎上すると、他の生地や木材などに飛び火する可能性もあるでしょう。その結果、建物が損傷するばかりか、人命まで失われてしまう恐れもあるのです。
あくまでもリスクに過ぎませんが、それが発生する前に対処しておくこと必須となっています。

そういう意味では、防炎加工のターポリン生地は合理的なアイテムです。
リスクヘッジも十分になされており、安心して活用していける状態に仕上げられています。オリジナル横断幕ならこちら

そのため、購入する前に仕様をしっかりチェックすることが欠かせません。そこに防炎加工と記されているか確認してください。
その記述を見つけられた場合のみ、選択の候補に入れても構いません。ただほとんどの屋内施設にはもう既に必須となっております。安全性を重視するスタンスで選ぶように心がけましょう。

消防法を意識した作成や使用

上記の火災を想定した話は法律の観点でも重要です。

なぜなら、多くの人が出入りするスポットにおいて、消防法8条が関係してくるケースが多いからです。そういう場所では、防炎の仕様を義務付けていることがよくあります。

商業施設や飲食店が代表的ですが、その他に地下街や高層ビルなどでも珍しくありません。
旅館や病院など該当するスポットは多岐にわたります。つまり、どこで使う場合でも、基本的には消防法8条を意識しなければなりません。

それを忘れていると、法律違反のペナルティを負うことも懸念されます。

そう言われても、そもそも燃えにくい素材で作られているので大丈夫と思う人もいるでしょう。
たしかにポリエステルは炎上しにくいですが、被害がゼロになるという確証はありません。
少しでもリスクを小さくするという意味でも、やはり消防法8条を順守することがポイントになります。
法令に従っていることをアピールするため、防炎の仕様であることを示すシールを付けることも効果的です。

いずれにせよ、どのような用途においても、アクシデントを軽視しない心構えが求められます。使用する側の立場として、そこにいる人たちの安全を守ることが重大な役割です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です