カテゴリー
のれんの使い道 のれんの選び方 生地や染めの種類

癒し効果のある植物柄がおすすめ

近年、さまざまな柄ののれんが人気を呼んでいます。
デザインによってお客さんが抱く印象が変わりますし、効果も違ってきます。

例えばボタニカル柄のデザインのれんは、癒やし効果が期待できます。ボタニカルとは言うなれば植物柄のことで、花や草木やフルーツをモチーフにしたものです。

ボタニカル柄

シンプルな柄もあれば細かく繊細に描かれたものもあり、
おしゃれで今風な感じです。海外のイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。

そんな柄からは自然の恵みやパワーを感じることができて、目に見るだけでリラックスできるはずです。そして植物のグリーンの色合いもまた、リフレッシュ効果があります。

まさに癒やし効果が溢れているのれんなのです。

さらに風水では、のれんには外から入ってくる邪気を払う
効果もあるとされています。自然を感じる植物柄は尚のこと、良い気を運んでくれそうです。

多忙でストレスフルな現代社会で生きる人々は、日々いろいろと疲れています。そんな中で、草花やフルーツのデザインは癒やしを与えてくれることでしょう。

どこかほっとする気分になるはずです。優しくおしゃれな
デザインのれんで、癒しの空間をアピールしたいものです。

デザインのれんでお店の集客アップを

のれんはお店への歓迎の気持ちを表すアイテムと言われています。平安時代の末から使われるようになり、半暖簾や長暖簾、水引暖簾と種類もさまざまです。

しかしのれんと聞くと、どこか和風のイメージを持つ人も
多いのではないでしょうか。銭湯をはじめ、寿司屋など和の文化を感じさせる店舗で使用されることが多かったからです。

とは言えデザインに工夫することで、エステサロンや美容室でもおしゃれに活用できます。最近ではデザインのれんが
注目されるようになってきました。

例えばボタニカル柄のデザインのれんは、癒やしの空間であるエステサロンや美容室にぴったりです。

その店の雰囲気に合う柄やカラー、ロゴにすることで、洋風の店舗にも似合います。のれんは素材も布などで薄いので、涼し気な感じも漂います。

店舗イメージのれん

重苦しくなく、お客さんがお店に入りやすいです。可愛いお店には可愛いデザインのれんを、スタイリッシュなお店にはかっこいいデザインのれんを作ってみてはどうでしょうか。

そのお店を表現できるのれんは、お客さんの興味をそそります。思わずのれんをくぐりたくなるのです。

素敵なデザインのれんは店の集客アップにつながるに違い
ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です