伝統技術が冴える魅力が最大の特徴

最近ののれん製作では、コンピューターを使った手法でデザインを作り出すことができます。

刺繍糸を使う場合も、コンピューターを使えば同一品質の作品を大量生産することもできますし、手作業とは異なり工場によっては長時間稼働させれば短時間で多くの商品を作り出すこともできるわけです。

さらに、コンピューターの場合は機械操作そのものが自動的に行われるわけですから、操作そのものを覚えれば誰もが作ることができるメリットもあります。

横降りミシン

横降りミシンは、戦前から行われている伝統技術が冴える技法でもあり、ミシンに備え付けられている針は職人さんによる右足の膝の調節でコントロールするなどの特徴があり、熟練の技を要する技法です。

膝の動きだけでなく、両手を動かす動作でデザインを作り出すもので習得するまでには数年以上の経験が必要とされます。

人間による作業は、どんなに優れた自動化でも再現が難しいともいわれていますので、歴史を感じさせてくれる他にはないのれんを作りたいときなど横降りミシンが役立つ存在になってくれることでしょう。

また、技術だけでなくデザイン力も求められる世界でもあり、ミシン操作と絵心の2つを兼ね備えた職人さんだけが作り出せるアイテムといっても過言ではありません。

職人さんの技が光る!魅力的なアイテム

ヴィンテージと聞いたとき、古い時代に作り出された作品を連想する人は多いのではないでしょうか。

のれんにも、古い時代に製作されたものもヴィンテージの価値があるかと思われますが、新しく作るのれんも職人の技量が左右するといわれている刺繍を施したものは、ヴィンテージ感を与えてくれる魅力を持つ作品に仕上げることができます。

スカジャンに刺繡

スカジャン(神奈川県横須賀発祥のジャンパーの総称)やMA-1ジャケット、ボーリングユニフォームや特攻服など、
このようなアイテムにも使用されている刺繍を、専用のミシンを使い施したのれんがあります。

有名なアパレルメーカーなどでも、横降りの魅力を醸し出しているアイテムを作っているようですが、これらはすべてがコンピューターを使った自動化によるものです。

コンピューターを使えば大量生産ができますし、同じ品質を維持できるメリットもありますが、ヴィンテージ感は職人の技量により作り出されるものでもあり、自動化では困難です。

職人による手作業となるため、大量生産はできないけれども、高級感を持つアイテムとしてお店などに設置したい場合など最適です。

手作りならではといった風合いを持つアイテムを、お店に導入することをおすすめします。