のれんの製作におすすめの会社

日本で昔から店舗などの入り口にかけられてきた店舗用の「のれん」は、日本料理のお店や、和風のお店にはなくてはならないものといえます。

しかし現在では日本料理のお店や和風のお店のみならず、エスニック風のお店や、アジアンテイストのショップなどでも「のれん」がかけられていることも見かけるようになってきました。

純粋に伝統的な日本風のものだけでなく、現在ではいろいろなデザインの製品があるので、おしゃれで現代的な美しさに惹かれて飾っている人や店舗も多くなっています。

モダンデザインののれん

そのため「のれん」の販売や製造を行っている会社も、店舗用の伝統的で日本風の製品だけでなく、現代風のおしゃれなデザインの製品を取り揃えるようになってきています。

「kyonoren.com」もそのような会社の一つで、さまざまな「のれん」販売していますが単なる既製品の販売だけでなく、自らも「のれん」をつくっているところが特徴です。

扱っている製品の高い品質やデザイン性、製品の素材にまでこだわっている会社だと言えます。

また、お客様からオーダーをとって製品をつくるときは、連絡を重ねながらお客様が欲しい製品を作る信頼のおける会社です。

空気を入れかえることで感染症対策

現在多くなっている感染症は、空気の入れかえのない密室空間などに多くの人がいることで感染が拡大するリスクが高まることが知られています。

そのため、お店などで空気の入れかえがあまり行われないようだと、お客様や従業員たちの間で感染症が広がってしまう可能性が高くなってしまうので、お店での感染拡大を防ぐために空気を入れかえることが必要です。

窓や入り口などを開けっ放しにすることで通り道をつくり、店舗内の空気をいつも新鮮な状態にしておくことで感染のリスクを下げることが可能になるので、入り口を開放しておくことはとても重要で効果的な方法と言えますが、単に開けたままにしているよりも、「のれん」などを入り口にかけておくことで、おしゃれなお店を演出することが出来るので「のれん」をかけておくことはお勧めの方法と言えます。

のれんでできる演出

「のれん」といえば、一般的に和風の物を思いうかべますが、現在では和風の製品だけでなく洋風の物からアジアテイストのものまで様々や製品が存在しているので、それぞれのお店にぴったりな製品が見つかりやすくなっています。

お店の空気の入れかえは難しいとあきらめずに、「のれん」などを使って上手に感染予防をしていきましょう。