カテゴリー
のれんに関連した知識 のれんの選び方

しっかりとした風合いでしわになりにくいサスティナブル生地をインテリアとして活かす方法

リビングルームにも最適な素材を持つのれん

サスティナブル生地、これは一般的な生地とは違いPET再生などからもしっかりとした風合いを持つため、しわなどが生じにくい特性を持ちます。

PET再生のサスティナブル生地は、ペットボトルを粉砕して生地材料を作り、それを繊維状にして織ったものでポリエステル100%の素材ではあるけれども綿素材に近い風合いなどからもリビングにも最適です。

フルカラーの昇華転写により製造が行われますので、染色汚水などが生じることもないなど環境にも優しいのも特徴の一つです。

せっかくリサイクル材料を使っても製造工程で廃棄物が生じてしまうのではあまり良いことではないですが、サスティナブル生地の場合は製造過程の中でも地球環境にやさしいことがわかるのではないでしょうか。

のれんの風合い

店先などに取り付ける暖簾、これはお店が営業していることを道を歩いている人に知らせるなどの目的がありますし、厨房と客席の間に取り付ける暖簾は内部をお客さんに見せない目隠しの役割がありますが、実は目隠しよりもゆっくり食事を楽しんで貰いたいなどお店側の気持ちもあることを覚えておきましょう。

また、リビングにサスティナブル生地を使ったのれんを取り付けておくと綿のような風合いの中にエコが隠れているなど訪れるお客さんに居心地が良い雰囲気を演出できそうですよね。

 

空間を演出するサスティナブル生地

サスティナブル生地は、地球環境にとてもやさしい素材です。大半が再生ペットボトル材料を使っているわけですから、エコに貢献できると同時に価格にも貢献できリーズナブルな値段でお洒落な暖簾を買うことができるわけです。

サイズは豊富にあり、最小サイズが縦30センチ×横80センチ、最大サイズは縦2メートルで横180センチまで、これ以外のサイズもオーダーができるようになっていますので、お店やリビングルームなどに必要な大きさでオーダーすると良いでしょう。

暖簾は様々な目的で利用するアイテムではあるけれども、サスティナブル生地の場合はインテリア感覚で利用することができますので、空間の演出などオシャレを活かす形で活用することもできるわけです。

布

ちなみに、お店などでは暖簾分けや暖簾を受け継ぐなどの言葉がありますが、現在でも暖簾そのものものワードが利用されているなど次世代に受け継ぐことができるインテリアなどの考え方もできるのではないでしょうか。

空間を演出したいときなど、サスティナブル生地を検討されるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です