忘年会景品に安価なグッズはどのくらい必要?

忘年会景品で安価なグッズはどれくらい必要なのか
気になると思いますが、多めに用意しておいた方が良いでしょう。

上位の商品を高額にして、末等は安くした方が
良いと考えている方が意外と多いと思いますが、
上位の景品の額を少し抑えて、全体的に
価値を上げた方が多くの方に喜ばれます。
二次会の景品リストにテンプレートを活用する
https://www.gsimons.org/景品の価値

そういう意味でいっても安価で誰でも喜ばれる
忘年会景品は全体の半分以上は用意したいです。

また総数にしますと何人出席して何人欠席するのか
事前に分からないケースがありますので、
できるだけ余るぐらい用意しておいた方が
万が一の時に対応ができます。

安価の忘年会景品だと用意するとしても、それほど
手に入れるのが難しくないですし、大量に用意するにしても
時間や手間はそれほど掛かりません。用意する時間

忘年会景品を専門に取り扱っている
ショップもありますので、そちらを用いて
大量に用意しておくのが良いかもしれません。

安いからといった手を抜いている訳では
ありませんし、オシャレなものを
購入することもできます。

忘年会・新年会のシーズン到来!当日までに知っておきたい飲み会のマナー

 

年末に近付くにつれて、忘年会や新年会などの飲み会に参加する機会も増える人も多いのではないでしょうか。
社会人になり、特に会社関係の飲み会においては、上司や取引先と同席することも多く、ただ楽しいというだけの場でないことも多いのは正直な所です。

でもだからこそ、相手に不快な思いをさせることないように、飲み会におけるマナーやスキルを身に付けておくことは大切だと言えるでしょう。
先ず、宴会の始まりの合図である乾杯の時のマナーに関しては、発声を合わせて軽くグラス同士を合わせることが一般的となっています。但し、ビールジョッキーのような丈夫な器でない限り、ぶつけたりせずに目の高さまでグラスを持ち上げて、周りの人と目礼を交わすのが正式なやり方だとされています。

目上の方と合わせる場合には、左手を底に沿えながら右手で持って、相手よりも若干低い位置で合わせるのがマナーであることも合わせて覚えておきましょう。

当然、乾杯の前に飲み物や料理に口を付けるのはタブーとなっています。また、お酌をする場合は、杯が空になる前のタイミングで、これまでと飲んでいたものと同じ種類のお酒を用意して、次も同じもので良いかといった声掛けをしてから注ぐようにしましょう。

目上の方が手酌をするのは失礼にあたりますし、目上の方から先に注がれるのもマナー違反なので気を付けたいものです。

一方、お酌を受ける場合は、杯に残っているものを全て飲み干してから受けるのがマナーとなっていますが、気持ちだけを受け取り一口飲んでその分だけ注いでもらう方法でも失礼にあたりません。いずれの場合も必ずお礼を伝えて、形だけでも口を付けるようにするのが良いでしょう。